ビオラジャパンの口コミや評判

 最終更新日:2023/01/12

ビオラジャパンの画像

株式会社ビオラジャパン
住所:〒231-0014  神奈川県横浜市中区常盤町3-30-1 SOLACUBE4階
TEL:サイト内問い合わせフォームあり

介護、農業、製造業などでは、少子高齢化が進行しているので、生産年齢人口の減少の影響を受けています。これまで以上に人手が不足しているので、日本語能力が高い外国人材を募集したいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。ビオラジャパンは、外国人材の上京、転職、ビザ取得などをサポートしています。特徴を見ていきましょう。

介護・農業・飲食料飲製造業界に外国人材を紹介

さまざまなサポートを実施しています。人手不足が深刻化している業界に外国人材を紹介しているので、興味がある人は調べてみましょう。

上京転職サポート

入国前に不安なことがあれば、オンライン面談で不安を解消しています。また、転職活動のアドバイスも親身に行っているので、どのような点に注意して転職活動を実施すれば良いのか理解できます。

外国人ビザ取得サポート

ビザの取得は、行政書士と連携して進めているので安心してください。

外国人生活サポート

日本で働きながら暮らしている外国人の生活面をサポートしています。また、受け入れ機関となっている企業のサポートも行います。

特定技能1号の採用を行うメリット

即戦力として採用できるのがメリットです。業務に必要な知識と技能を有しているので、研修を受講する必要がありません。

日本語能力が担保されている

コミュニケーションが日本語でとれるのは大きなアドバンテージです。語学研修を企業が行う必要が無いので、研修費や人件費を削減できます。

即戦力を採用できる

業務に必要な知識と技能を備えているので、就業前に研修などを受けなくても即戦力として勤務できるのがメリットです。研修のために時間や人を割く必要が無いので企業のメリットが大きくなります。

人材不足を解消できる

日本の少子高齢化の進行による生産年齢人口の減少は歯止めがかかりません。特定の分野では慢性的な人手不足が発生しているので、人材不足を解消することが可能です。

フルタイムで就業できる

日本の社員と同じようにフルタイムで勤務してもらうことが可能なので、企業の人手不足の解消と仕事の質の向上が期待できます。

職場がグローバルになる

外国人と仕事することで、これまでの自分の価値観をアップデートできます。考え方や文化の違いを知れるので、これまで知らなかった一面を見つけられるでしょう。

長期間勤務してもらえる

日本に滞在できる期間は通算で5年となっています。就業したもののすぐに離職する心配はありません。優秀な人材がすぐに離職すると経済損失が大きいので、それを防ぎたい企業におすすめです。

技能実習生を雇用するメリット

メリットを5つ紹介します。双方にとってメリットがあるので、採用のサポートを受けながら進めていきましょう。

意識の高い技能実習生の力を借りられる

日本語能力が高くてモラルも遵守できる技能実習生の力を借りられるメリットがあります。国の看板を背負って日本を訪れているので、安易に妥協することなく強い気持ちで教育に挑むでしょう。

社内の活性化

外国から優秀な人材が日本にやって来ることで、社内の活性化に繋がります。社員に与える刺激は思いのほか強く、これまで以上に精進しようとする社員が現れるでしょう。そのような環境で学べることは、技能実習生にとってもプラスに働きます。双方にとってメリットがあるでしょう。

職場がグローバルになる

外国人と仕事する機会が少ない企業もあるでしょう。また、部署にもよりますが、まったく交流が無いところもあります。日本人だけではなく外国人とともに仕事することで、職場がグローバルになります。

コミュニケーションひとつとっても、忖度なくはっきり言いたいことを伝える代わりにボスには従順な性格であることなどを知ることで、外国人と仕事するときに大切なことを理解できます。

採用リスクを最小限に抑えられる

一般的に、3~5年間は日本に滞在して母国に知識と技能を持ち帰るために研修を受けます。そのため、数か月~1年で依願退職することはありません。家庭の事情や健康問題などのやむを得ない場合を除いて、戦力として企業はカウントできるので、採用リスクを最小限に抑えられます。

作業工程の見直し

こちらは受け入れる企業側のメリットになります。これまで企業で、暗黙知または形式知で行われていた作業工程を見直す良い機会となります。技能実習生に知識や技術を教えるために教育内容を準備している過程で、これまでの自社の取り組みを見直す機会になるでしょう。

作業目的に合った取り組みが実施できているかどうか、無駄な行動や現場に無理を強要していないかなどを確認できます。内容を精査したものを実際に伝えるので、これまで教育してきた内容よりもブラッシュアップされているでしょう。

まとめ

これまで以上に生産年齢人口の減少は進行するので、意識と能力が高い外国人を採用しましょう。彼らは企業の戦力として役に立つだけではなく、企業に在籍している社員の業務意欲を向上させる効果もあります。

職場をグローバル化することで、日本型経営に馴染んでいる日本の経営者層の意識改革も期待できるでしょう。これからグローバル化は避けられないので、新しい時代に取り残されないようにブラッシュアップしていきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

公益社団法人横浜市福祉事業経営者会 住所:〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー10階 TEL:045-840-5815 営業時間:平日9:00~17
続きを読む
協同組合川崎中小企業労務協会 本部事務局:〒212-0057 神奈川県川崎市幸区北加瀬1-9-1 TEL:044-588-9339 「従業員の雇用条件を整備して、もっと働きやすい会社にしたい
続きを読む
横浜医療介護福祉協同組合 住所:〒241-0825横浜市旭区中希望が丘25-1 CASA希望ヶ丘 TEL:045-489-4988 初めて外国人の雇用を検討している方の中には「申請手続きがや
続きを読む