ヘッダー画像

【神奈川県】おすすめの特定技能登録支援機関ランキングTOP3

キャリアネクスト
キャリアネクストの画像
おすすめポイント
人材紹介からビザ申請、各種支援までワンストップサポート
もっと詳しく
リベストアジアコンサルタンツ
リベストアジアコンサルタンツの画像
おすすめポイント
アジア地域の人材と企業をマッチング、顧客ニーズの把握に定評ある会社。
もっと詳しく
IST協同組合
IST協同組合の画像
おすすめポイント
受け入れ企業・外国人求職者それぞれがウィンウィンの関係
もっと詳しく

神奈川県でおすすめの特定技能登録支援機関をランキング形式で紹介します!

近年さまざまな職種で人材不足が問題となっています。人材不足になる要因はさまざまですが、とくに給与面や仕事の内容から採用した人が定着しにくかったり、そもそも募集しても人が集まらなかったりということがあるようです。

そんななかで、外国人労働者を雇うことで人材不足解消を行っている企業も増えています。もしこれから外国人の採用を考えている企業の方は

・外国人採用の市場動向は?
・外国人を受け入れる場合の懸念点とは?
・特定技能登録支援とはどのようなもの?

などについては、少なくとも事前に調べて確認しておかないと、外国人を雇用しても失敗に終わってしまうかもしれません。そこで当サイトでは外国人の受け入れについて、そして特定技能登録支援機関について詳しくご紹介していきます。

またWEBアンケートをもとにおすすめの特定技能登録支援機関をランキング形式でご紹介しています。そのほかにも「そもそも特定技能登録支援機関とは」「特定技能登録支援機関を利用するメリット」「利用する場合の相場費用」などについても解説していきます。

こういった情報を知っておくと、いざ外国人を採用する場合や特定技能登録支援機関を利用する際にも役立つはずです。

ぜひ当サイトでご紹介している内容を参考に、外国人採用や特定技能登録支援機関について理解を深めていきましょう。

【神奈川県】おすすめの特定技能登録支援機関ランキング一覧!

リベストアジアコンサルタンツの画像1
人材紹介からビザ申請、各種支援までワンストップサポート

キャリアネクストは、製造業・検査・事務・SE等と幅広い派遣実績を持っています。労働派遣法、社会保障法などに遵守しており、さらに2020年4月からの改正派遣法にもしっかり対応している、信頼できる特定技能登録支援機関です。

就業後は充実した教育支援を提供。日本語学習は勿論、介護福祉士取得に向けた教育プログラムをなどを受けることが可能です。派遣から終業後まで手厚いサポート体制が整っています。

キャリアネクストの強み

確かな信頼に基づき法務省より正式認定された登録支援機関!終業後の教育支援も充実

キャリアネクストの基本情報

特徴製造業・検査・事務・SE等と幅広い派遣実績があり、特に製造業が強い。労働派遣法、社会保障法などに遵守しており、さらに2020年4月からの改正派遣法にもしっかり対応している。
サポート外国の人たちとの会議や打ち合わせに対応するために、スポットでの通訳スタッフを派遣している。就業後も充実した教育支援を提供している。
支援内容事前ガイダンス、出入国する際の送迎、住居確保、
生活に必要な契約支援など
問い合わせ電話、問い合わせフォーム、メール、FAX
会社情報キャリアネクスト株式会社
神奈川県相模原市中央区横山2-16-4 西野ビル2B

キャリアネクストの所在地

リベストアジアコンサルタンツの画像1
アジア地域の人材と企業をマッチング、顧客ニーズの把握に定評ある会社。

リベストアジアコンサルタンツは、企業のニーズに合った人材を派遣しています。「登録支援機関」にも認定されており、日本での住居探しや求職者の引っ越しの手配などの入社準備はもちろんの事、就労後もしっかりサポートしているのが特徴です。

海外在住者とのオンライン面接をはじめ、訪日している場合は国内での面接をセッティング可能です。現地での面接もコーディネートしているため、幅広い求職者を募ることができるでしょう。

リベストアジアコンサルタンツの強み

海外在住者とのオンライン面接可能。国内はもちろん現地での面接もコーディネートする

リベストアジアコンサルタンツの基本情報

特徴「登録支援機関」に認定されている。求職者が海外在住の場合はオンライン面接、国内での面接、現地での面接をコーディネート可能。
サポート提携士業と協力してビザの申請や更新の代行を行っている。
支援内容事前ガイダンスの提供、出入国する際の送迎、日本語学習の機会の提供など
問い合わせ電話、問い合わせフォーム
会社情報一般社団法人リベスト アジア コンサルタンツ
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2-66 マリヤビル7階

リベストアジアコンサルタンツの所在地

IST協同組合の画像1
受け入れ企業・外国人求職者それぞれがウィンウィンの関係

IST協同組合は、実習実施機関を監理する組合として、受け入れ企業と外国人みんなが幸せになれる職場づくりの支援をしています。特定技能にも対応できるよう、法務省から「登録支援機関」の登録認定を受けているため、安心して利用可能です。

行政書士、通訳など、専門性の高いスタッフによる丁寧なサポートも特徴。外国人技能実習のことならなんでも気軽に相談できます。

IST協同組合の強み

みんなが幸せになれる職場づくりをお手伝い!専門性の高いスタッフが丁寧にサポート

IST協同組合の基本情報

特徴「登録支援機関」の登録認定を受けている。受け入れ企業も外国の人も、みんなが幸せになれる職場づくりの手伝いを行っている。
サポート
行政書士、通訳など、専門性の高いスタッフが、外国人技能実習制度を丁寧にサポートしている。
支援内容
情報なし
問い合わせ
電話、問い合わせフォーム
会社情報
IST協同組合
神奈川県横浜市神奈川区松ヶ丘39-4

IST協同組合の所在地

I.S.Bの画像1
安心スタッフ管理システムとフレキシブル対応の外国人派遣ネットワークが強み

I.S.Bでは、欲しい外国人人材を必要な人数だけを必要に応じて派遣可能です。 短期で数名の派遣から、工場での大人数派遣まで対応しているので、企業の人材不足を柔軟に解消することができます。

外国人材受入れ現場での体制や環境作りなど実績に基づいたアドバイス・提案もおこなっています。人材の確保から定着まで、手厚く支援してくれるため、 初めての受け入れで不安を抱える企業も、安心して利用できるでしょう。

I.S.Bの強み

外国人人材をフレキシブルに派遣可能!独自の外国人就労管理システムで不法就労を防ぐ

I.S.Bの基本情報

特徴欲しい外国人人材を必要な人数だけを必要に応じて派遣。 短期から数名での派遣から、工場での大人数派遣まで対応している。
サポート外国語に精通した本社スタッフが、スタッフの言語に合せてサポートしている。 初めて外国人材を採用する企業も安心して利用できる。
支援内容元技能実習生人財の紹介、留学生の特定技能へのビザ切替申請、生活支援のサポートなど
問い合わせ電話、問い合わせフォーム
会社情報株式会社I.S.B
神奈川県横浜市中区曙町2-19-1 曙町新井ビル1003号

I.S.Bの所在地

ハルキャリの画像1
現地調査に強みをもち、個人事業主から法人企業まで対応

ハルキャリは、人材不足に困っている事業者に対し、即戦力となる特定技能外国人の紹介・受入・入国後の支援を一貫して行っています。現地調査に強みを持ち、優秀な人材を確保しているのが特徴で、熱意がありパワフルな労働力が期待できる外国人を派遣可能です。

外国人への手厚いサポートも充実。社宅を用意するほか、銀行口座等の開設、携帯電話やライフラインの契約等を案内し、各手続の補助も行っています。

ハルキャリの強み

現地調査により即戦力となる人材を確保!活躍が期待できるパワフルな外国人を派遣可能

ハルキャリの基本情報

特徴
即戦力となる特定技能外国人の紹介・受入・入国後の支援を一貫して行っている。
サポート
住居の契約事項にある連帯保証人になり、社宅を用意している。銀行口座等の開設、携帯電話やライフラインの契約等を案内し、各手続の補助も行っている。
支援内容
事前ガイダンス、出入国する際の送迎、公的手続等への同行など
問い合わせ
電話、問い合わせフォーム
会社情報
株式会社春仁コーポレーション
神奈川県藤沢市鵠沼石上1-6-1 エスタビル1階

ハルキャリの所在地

公益社団法人横浜市福祉事業経営者会の口コミや評判
協同組合川崎中小企業労務協会の口コミや評判
横浜医療介護福祉協同組合の口コミや評判
縁プラットフォームの口コミや評判
リレーション・ジャパンの口コミや評判
ラストル事業協同組合の口コミや評判
ビオラジャパンの口コミや評判
グローバル・キャスティングの口コミや評判


ここからは、特定技能登録支援機関の概要をはじめ「特定技能登録支援機関のメリット」「神奈川県での特定技能登録支援機関選びのポイント」などについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

外国人採用をする企業数は右肩上がり?特定技能登録支援機関とは

の見出し画像
現在、日本は圧倒的な人手不足に陥っています。定年の延長や廃止をする企業が増えたものの、シニア層は引退し、就労人口はどんどん減っています。それに加えて少子化が人手不足に拍車をかけている状況であり、今後も人手不足の問題を抱える業界や企業は増えていくでしょう。

そしてその足りない労働力をどう補うか、その答えの一つが「外国人労働者」の受け入れなのです。そこで知っておきたいのが「特定技能登録支援機関」です。

特定技能登録支援機関とは

登録支援機関というのは、外国人労働者の受け入れを行う「受け入れ企業(特定技能所属機関)」に義務付けられている、特定技能外国人に対する業務や日常生活を円滑に行えるようにする「支援計画」の作成や支援を代行する機関のことをいいます。

支援には専門的な知識が必要となるケースも多く、受け入れ企業自身で支援を行うのが難しい場合もあるのです。特定技能支援機関として登録できる個人や団体は「業界団体」「社労士」「民間法人」「行政書士」など多岐にわたります。支援計画書の作成ができれば、個人や団体にかかわらず登録支援機関としての業務が可能です。

つまり特定技能支援機関とは外国人労働者が雇用先の企業で問題なく働くことができたり、日常生活を円滑に行えるようにしたりするために手助けをしてくれる場所であり、外国人労働者と受け入れ企業の橋渡し的な役割も担ってくれるのです。

外国人採用の市場動向

帝国データバンクによる調査から、近年日本では人手不足を理由とする企業の倒産が非常に増えていることがわかっています。会社を倒産させてしまうほど、人手不足は深刻な社会問題に発展しているのです。

そんななかで人手不足を解消するために外国人を雇用する企業は徐々に増えています。実際に外国人を雇用することで人材不足解消となっている企業も多く、日本企業全体の課題解決につながっていることがわかります。

そして外国人採用を進める企業が増えることで、特定技能登録支援機関を利用する企業が右肩上がりに増えているのも事実です。そのため採用に問題を抱える企業からは特定技能登録支援機関のニーズが高まっており、特定技能登録支援機関として登録されている個人や団体の数も増えているのです。

  • 人材不足解消に繋がるのが外国人の雇用
  • 外国人の雇用をサポートしてくれるのが特定技能登録支援機関

外国人採用で特定技能登録支援機関を利用するメリット

の見出し画像
初めて外国人を採用する企業の方は、外国人を採用することへの不安も少なからず感じることがあるでしょう。しかし外国人採用や特定技能登録支援機関を利用することで得られるメリットはたくさんあります。

ここではそのメリットをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

外国人採用のメリット

そもそも外国人を採用すること自体にも、じつはたくさんのメリットがあります。

若手人材の確保

2019年時点で、日本に来る外国人労働者の3割は20代が占めています。日本では採用が難しくなっていると言われる「若手の優秀人材」を、即戦力として確保することもでき、また3K職業の採用にも外国人労働者が貢献してくれます。就労意欲が高く安定的な労働力が得られるので、長期的に見ても外国人採用はメリットになるでしょう。

ビジネス展開への貢献

外国人労働者は最低限日本語と母国語の二か国語が話せ、3か国語以上話せるマルチリンガルも少なくありません。そのため海外進出をする際の架け橋になってくれたり、相手の文化やリアルな情報を共有してもらえることでビジネス展開がしやすくなったりするのもメリットです。

また海外のネットワークや人脈を広げられる可能性もあり、新たなビジネスのチャンスも広げられるかもしれません。

社内の活性化

外国人労働者は向上心が高く学ぶ意欲が旺盛な人材も多いため、社内によい刺激を与えてくれ既存社員のモチベーションアップに繋がることもあります。さらに日本とは異なる文化で育ってきたからこその新たなアイデアを提案したり、日本人では気づかない問題点を発見したりと新しい着眼点で斬新なアイデアを生み出してくれる可能性もあります。

それがいい刺激となり、日本人社員の新しい発想を促してくれることもあるでしょう。

外国人人材の活躍の場

外国人人材は日本人社員だけでは難しい業務への対応など、活躍の場が幅広いのも採用するメリットです。たとえばグローバル化を目指す企業なら、外国人の顧客に対する接客や通訳、翻訳、また海外企業との取引にも活躍してくれるはずです。

そのほかにも日本人社員の海外渡航の手伝いや現地での案内やサポート、また母国の市場調査などにも活躍の場があります。日本で育った外国語の話せる日本人では知らない現地の文化やマナーなども、外国人労働者がいることで詳しく知ることができるのでビジネスの場でも大きな助けになるはずです。

特定技能登録支援機関を利用するメリット

外国人採用は企業独自で行なうことも可能ですが、特定技能登録支援機関を利用することで、さまざまなメリットがあります。

まず受け入れ先の企業にとって大きなメリットとなるのが、負担を減らせるという点です。外国人を受け入れる場合、受け入れ先ではさまざまな準備をしなければなりません。現場に説明して理解を得ることはもちろん、教育の方針を決定することや母語に訳した業務マニュアルや雇用契約書の用意も必要です。

このような準備には多大な時間や労力がかかり、通常の業務への支障が出てしまうこともあるでしょう。その点、特定技能登録支援機関に依頼すれば、このような業務はすべて引き受けてくれるので、かなりの負担軽減になるはずです。

また手続きなどをスムーズに行えるというメリットもあります。外国人採用をする場合、就労ビザの取得や入国後の手続き、生活オリエンテーションなど、次々とやらなければならないことが発生します。とくに入国管理局や労働基準監督署などに同行して相談や手続きをする場合、専門的な知識がないと手続きがスムーズに進まないこともあるでしょう。

外国人が働き始めるまでのさまざまな手続きを、短期間でトラブルなく進めていくためには、やはり特定技能登録支援機関の助けを借りるのがおすすめです。

  • 外国人採用にはさまざまなメリットがある
  • 特定技能登録支援機関を上手に利用してスムーズに外国人労働者の受け入れを進めましょう

外国の方を採用する立場になったとしたら、どんな点が気になる? WEBアンケートで調査!

ここまで、特定技能登録支援機関についてさまざまな解説をさせていただきました。みなさんがもし外国の方を採用する立場になったとしたら、どんな点が気になるのでしょうか?

今回はWEBのアンケート調査で聞いてみました。それでは結果の詳細を一緒に見ていきましょう。
外国の方を採用する立場になったとしたら、どんな点が気になりますか?

第1位は「言葉はどの程度通じるか」で49%でした。言葉の壁は、外国の方とコミュニケーションをとるうえで生じる代表的な問題です。相手の日本語読解能力が不十分だと、コミュニケーションをとることが難しくなります。また、あちらの気持ちも理解しづらくなるので、お互いにもどかしい思いをすることとなるでしょう。

特定技能登録支援機関は、日本語教室等の入学案内、教材の情報提供等など、日本語学習のサポートを実施しています。日本語をきちんと学んでいる人材を確保できれば、コミュニケーションにおけるストレスは軽減できるでしょう。

第2位は「申請には何が必要か」で14%でした。外国の方を採用する際には、必要な申請書類や手続きが数多くあります。手続き漏れによるトラブルを防ぐために、必ずチェックしておきたいポイントです。
特定技能登録支援機関を利用する場合は、入国前のガイダンスや生活に関わるオリエンテーション、住居の確保など、煩雑で難しくなりがちな諸業務の支援を受けられる場合もあります。

第3位は「採用コストがどのくらいになるか」で12%でした。採用コストを少しでも削減したいと考える方も多いでしょう。

外国の方を雇う際に必要な費用には、在留資格申請費用、渡航費、日本語教育費、さらに人材紹介会社への紹介手数料などがあります。必要な費用は採用ルートによってそれぞれ異なるので、こちらもきちんとチェックしておきましょう。

アンケートの結果は以上となります。当サイトでは、信頼できる特定技能登録支援機関を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の見出しでは、外国人の受け入れに関する悩みと解決方法についてポイントを押さえて解説させていただきます。

外国人の受け入れに関するお悩みと解決方法

外国人の受け入れに関するお悩みと解決方法の見出し画像
とくに初めて外国人採用をする企業では、外国人を受け入れることでの悩みや不安を感じる部分もあるでしょう。ここではよくあるお悩みと、その解決方法をご紹介していくので、チェックして不安を解消してください。

コミュニケーションに対する不安

外国人と聞くと、どうしても日本語以外でのコミュニケーションが必要だと思われがちです。外国語が話せない日本人にとっては、それが大きな不安材料になってしまうこともあるでしょう。

就労ビザの種類によって最低限求められる日本語能力は異なりますが、最低限のコミュニケーションができる程度の日本語を学んだ上で入国している方が大半です。

すべての人とスムーズな会話をすることは難しいこともあるかもしれませんが、理解してもらえる言葉を探しながら会話をすればコミュニケーションを取ることはできるでしょう。

また登録支援機関を利用する場合は、機関側に日本語学習の機会提供や円滑に社会生活を送れるような説明をする義務があります。そのため最初はコミュニケーションの齟齬が生まれたとしても、徐々に円滑にコミュニケーションが取れるまで言語レベルが向上することも十分期待できます。

働き方についての不安

外国人を採用したら「残業してくれない」「依頼した仕事を受けてくれない」など、仕事面でのトラブルもよくある話です。たとえば残業が当たり前という風潮の企業では、教えなくても残業するのが当たり前と考えてしまい、外国人労働者にもそれを求めがちです。ただしこれは日本独自の文化であり、海外では残業という文化がない国も少なくありません。

また依頼した仕事を受けてくれないという場合は、事前に説明されていた労働内容に含まれていない仕事である可能性が高いです。日本では当たり前になっている働き方やルールは、外国人にとってはそうでないことも多く、そのせいでトラブルになってしまうことは珍しくありません。

この問題を解決するためには、事前に業務についての説明をしっかりと行い理解を得ること。そして日本での当たり前を押し付けず、どのようにすればお互いが気持ちよく働けるのかを話し合いながら決めていくことが大切です。

離職率の高さが不安

外国人は離職率が高いということを聞いて、不安になっている方もいるのではないでしょうか。離職率に関して業種や職種でも異なるので一概には言えませんが、たしかに離職率が高く定着しないと感じている企業もあるようです。

ただしこれには賃金格差の大きさが影響しており、同じ仕事をしている日本人との賃金の差が大きいほど離職率が高いそうです。この問題を解決するためには、労働基準法で定められている「国籍を理由に賃金差別をしないこと」を遵守し、賃金での不満を感じさせないようにすることが大切です。

  • お互いの文化を理解してコミュニケーションを取ることで解決できる問題は多い
  • 国籍での賃金差別をしないことが定着率アップに繋がる

特定技能登録支援機関へ依頼した場合の費用相場は?

特定技能登録支援機関へ依頼した場合の費用相場は?の見出し画像
特定技能登録支援機関を利用する場合、当然利用料金が発生しますが、その料金についても知っておきたいポイントです。ここでは特定技能登録支援機関の費用相場をご紹介するので、利用を検討する際の参考にしてみてください。

支援委託手数料の相場

特定技能登録支援機関が設定している料金は全国一律ではなく機関ごとに決めているため、利用する登録支援機関によって価格も大きく異なる場合があります。もっとも多い形式としては、ひとりあたり月額いくらという料金設定のようですが、支援の内容ごとに料金を設定している機関もあるようです。

月額の場合は1人あたり月額1万5,000円~3万円程度が相場となっており、この費用で総合的な支援をしてもらえるようです。支援の内容ごとに料金が設定されている場合は、下記のような料金相場になっています。

入国前事前ガイダンス:1回3万円~6万円
生活オリエンテーション:1回5万5,000円~8万円
定期面談:1回1万円~1万5,000円
同行が必要な支援:1時間5,000円~1万円

月額料金に含まれる支援内容も登録支援機関によって変わるので、金額だけで選ぶのではなく支援の内容も確認しながら依頼する機関を選びましょう。

支援委託以外の費用

定期的な支援委託のほかにも、外国人を採用するにあたって必要な費用がいくつかあります。そのひとりあたりの費用相場は下記のようになっています。

人材紹介料:30万円~90万円(紹介会社によって異なる)
ビザ申請:10万円~20万円
住宅補助費:家賃の金額によって変動
給与:18万円~25万円(業種によって異なる)

ビザ申請は準備する書類が多く煩雑な手続きとなるため行政書士に依頼する方が多いようですが、それなりの費用がかかってしまいます。ただし現在ではオンライン申請も可能なため費用を抑えられる項目にもなっています。

自社で支援をすることも可能

このように特定技能登録支援機関に依頼すると、たくさんの費用がかかります。例えばひとりあたり2万円の支援費用で5年間雇用すると、120万円の費用が発生します。雇用する人数が1人や2人ならまだいいですが、10人雇用すると1,200万円もの費用になってしまうので、自社で支援すれば大幅な節約になります。

ただし自社支援では特定技能登録支援機関を利用するよりもサポートできる範囲が狭くなってしまったり、知識が不足している部分が出てきてしまったりすることも多いです。外国人労働者が不安なく過ごしていくためには、できれば日本での労働や生活に慣れるまでの期間は特定技能登録支援機関に依頼した方がいいでしょう。

  • 特定技能登録支援機関は月額料金で対応している機関が多い
  • 必要な支援を見極めて内容と料金の両方から利用する機関を決めましょう

神奈川県の事業者が特定技能登録支援機関を選ぶときのポイント

神奈川県の事業者が特定技能登録支援機関を選ぶときのポイントの見出し画像
特定技能登録支援機関のニーズが高まっていることから、登録支援機関の数も急増しています。神奈川県内にもたくさんの登録支援機関があるので、初めて利用する方はどの登録支援機関に依頼するべきか悩んでしまうこともあるでしょう。

そんな方のために、ここでは特定技能登録支援機関を選ぶ際にチェックしたいポイントをご紹介していきます。

支援業務を行っているかどうか

じつは現在登録支援機関として登録されている機関の8割は、登録支援機関としての支援業務を行っていない状況になっています。ただ登録しているだけという機関もあれば、以前は支援業務を行っていたけれど現在は行っていないという機関が多いのです。

こういった支援機関は経験や知識が少なく、サポートの内容や質に不安を感じる部分も多いのでやめておいたほうがいいでしょう。そのため何よりもまずは現在支援業務を行っているかどうかを確認してみてください。

支援業務の実績

上記でご紹介したように支援業務を行っている機関は限られており、またそのなかでも豊富な支援実績を持つ機関はそこまで多くありません。受け入れ先企業も外国人労働者も安心して受け入れや労働ができるよう、支援実績が豊富な特定技能登録支援機関を選びましょう。

数多くの支援業務を行ってきた機関であれば、それだけさまざまな企業や外国人と接してきたことになるためノウハウも多く持っているはずです。職種や国籍による違いなどもよく理解している可能性が高いので、ぜひ実績をチェックしてみてください。

対応可能言語

特定技能外国人を支援する場合、外国人が理解できる言語で実施しなければならないとされている支援が数多くあります。そのため自社で雇う外国人の母国語に対応可能な登録支援機関を選ばなければなりません。

まずは雇いたい外国人の母国語が何かを確認した上で、登録支援機関で対応している言語を調べてみましょう。

対応可能な言語は登録支援機関ごとに異なり、ホームページなどに記載されていることもあります。雇用する外国人の支援をスムーズに行うために言語は最も重視する部分のひとつでもあるので、ぜひ事前のチェックを怠らないようにしましょう。

支援を行う住所の確認

特定技能登録支援機関の所在地についても、必ず確認しておきたいポイントです。雇用する企業と特定技能登録支援機関の住所があまりにも遠いと、いざというときに迅速な支援が行えない可能性があるからです。

最近ではオンラインで支援ができる部分も増えてきてはいますが、同行が必要な支援や相談、緊急時などのためにもやはり住所は近いほうがいいです。対応可能な地域などもホームページに記載されていることがあるので、ぜひ確認した上で依頼しましょう。

サポート内容の充実度

特定技能登録支援機関で行っている支援内容やサポートの範囲は、機関ごとに異なるため必ず調べておきたいポイントです。部分的に任せられるのではなく、人材紹介から入国前の手続きや事前ガイダンス、入国してからの手続きやサポートなどをワンストップで対応してくれる機関に依頼しましょう。

また最低限の支援だけではなく、賃貸物件の紹介やスマホ購入手続きといった生活支援も隅々まで対応してくれる機関だと安心です。そして就業後に関しても日本語教育などを行ってくれ、より外国人労働者が働きやすく可能性を広げるお手伝いをしてくれる機関がおすすめです。

  • まずは現在の支援業務の実績を確認
  • 所在地やサポートの範囲、内容なども必ずチェックしましょう

特定技能登録支援機関を活用して企業の成長に繋げましょう

人材不足で悩む企業の可能性を見出してくれるのが、外国人労働者です。海外にまで来て労働しようという意欲の高さや勉強熱心さは、きっと既存の社員のモチベーションアップや社内の活性化にもなるでしょう。

神奈川県内にも数多くの特定技能登録支援機関がありますが、まずは実績やサポートの内容などを確認し、外国人労働者がより安心して働けるサポートをしてくれる機関を見つけてください。上手に活用すれば、きっと企業の成長にも繋がるはずです。

【神奈川県】特定技能登録支援機関ランキング!おすすめ比較表

キャリアネクスト
キャリアネクストの画像
おすすめポイント
人材紹介からビザ申請、各種支援までワンストップサポート
特徴製造業・検査・事務・SE等と幅広い派遣実績があり、特に製造業が強い。労働派遣法、社会保障法などに遵守しており、さらに2020年4月からの改正派遣法にもしっかり対応している。
サポート外国の人たちとの会議や打ち合わせに対応するために、スポットでの通訳スタッフを派遣している。就業後も充実した教育支援を提供している。
支援内容事前ガイダンス、出入国する際の送迎、住居確保、
生活に必要な契約支援など
問い合わせ電話、問い合わせフォーム、メール、FAX
会社情報キャリアネクスト株式会社
神奈川県相模原市中央区横山2-16-4 西野ビル2B
リベストアジアコンサルタンツ
リベストアジアコンサルタンツの画像
おすすめポイント
アジア地域の人材と企業をマッチング、顧客ニーズの把握に定評ある会社。
特徴「登録支援機関」に認定されている。求職者が海外在住の場合はオンライン面接、国内での面接、現地での面接をコーディネート可能。
サポート提携士業と協力してビザの申請や更新の代行を行っている。
支援内容事前ガイダンスの提供、出入国する際の送迎、日本語学習の機会の提供など
問い合わせ電話、問い合わせフォーム
会社情報一般社団法人リベスト アジア コンサルタンツ
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2-66 マリヤビル7階
IST協同組合
IST協同組合の画像
おすすめポイント
受け入れ企業・外国人求職者それぞれがウィンウィンの関係
特徴「登録支援機関」の登録認定を受けている。受け入れ企業も外国の人も、みんなが幸せになれる職場づくりの手伝いを行っている。
サポート
行政書士、通訳など、専門性の高いスタッフが、外国人技能実習制度を丁寧にサポートしている。
支援内容
情報なし
問い合わせ
電話、問い合わせフォーム
会社情報
IST協同組合
神奈川県横浜市神奈川区松ヶ丘39-4
I.S.B
I.S.Bの画像
おすすめポイント
安心スタッフ管理システムとフレキシブル対応の外国人派遣ネットワークが強み
特徴欲しい外国人人材を必要な人数だけを必要に応じて派遣。 短期から数名での派遣から、工場での大人数派遣まで対応している。
サポート外国語に精通した本社スタッフが、スタッフの言語に合せてサポートしている。 初めて外国人材を採用する企業も安心して利用できる。
支援内容元技能実習生人財の紹介、留学生の特定技能へのビザ切替申請、生活支援のサポートなど
問い合わせ電話、問い合わせフォーム
会社情報株式会社I.S.B
神奈川県横浜市中区曙町2-19-1 曙町新井ビル1003号
ハルキャリ
ハルキャリの画像
おすすめポイント
現地調査に強みをもち、個人事業主から法人企業まで対応
特徴
即戦力となる特定技能外国人の紹介・受入・入国後の支援を一貫して行っている。
サポート
住居の契約事項にある連帯保証人になり、社宅を用意している。銀行口座等の開設、携帯電話やライフラインの契約等を案内し、各手続の補助も行っている。
支援内容
事前ガイダンス、出入国する際の送迎、公的手続等への同行など
問い合わせ
電話、問い合わせフォーム
会社情報
株式会社春仁コーポレーション
神奈川県藤沢市鵠沼石上1-6-1 エスタビル1階

記事一覧

投稿日 2023.02.1
公益社団法人横浜市福祉事業経営者会 住所:〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー10階 TEL:045-840-5815 営業時間:平日9:00~17
続きを読む
投稿日 2023.02.1
協同組合川崎中小企業労務協会 本部事務局:〒212-0057 神奈川県川崎市幸区北加瀬1-9-1 TEL:044-588-9339 「従業員の雇用条件を整備して、もっと働きやすい会社にしたい
続きを読む
投稿日 2023.02.1
横浜医療介護福祉協同組合 住所:〒241-0825横浜市旭区中希望が丘25-1 CASA希望ヶ丘 TEL:045-489-4988 初めて外国人の雇用を検討している方の中には「申請手続きがや
続きを読む
投稿日 2023.02.1
縁プラットフォーム 会社名:縁プラットフォーム株式会社 住所:〒212-0006神奈川県川崎市幸区遠藤町58 ポレスター川崎706 TEL:044-201-7237 デジタルの普及により、現
続きを読む
投稿日 2023.02.1
リレーション・ジャパン 会社名:株式会社リレーション・ジャパン 住所:〒220-0023横浜市西区平沼1-3-13 大勝ビル4階 TEL:045-328-3095 東南アジアを中心に旅行客の
続きを読む
投稿日 2023.01.15
ラストル事業協同組合 住所:〒221-0864 神奈川県横浜市神奈川区菅田町656番1 TEL:045-472-1155 ラストル事業協同組合は、神奈川県横浜市に組合事務所を置いています。主
続きを読む
投稿日 2023.01.15
株式会社ビオラジャパン 住所:〒231-0014  神奈川県横浜市中区常盤町3-30-1 SOLACUBE4階 TEL:サイト内問い合わせフォームあり 介護、農業、製造業などでは、少子高齢化
続きを読む
投稿日 2023.01.15
グローバル・キャスティング 会社名:有限会社 偉光商事 住所:〒210-0807 神奈川県川崎市川崎区港町5番3-1238号 TEL:050-5210-0424 日本で最初に、コロナウイルス
続きを読む
投稿日 2023.01.15
アイラボ 住所:〒231-0045横浜市中区伊勢佐木町5-127-7 TEL:045-334-8498 営業時間:10:00~19:00 定休日:火曜、水曜 賃貸物件を経営しているが満室経営
続きを読む
投稿日 2023.01.1
株式会社YSパートナー 住所:〒231-0033 神奈川県横浜市中区長者町4-9-1 YS関内ビル4F TEL:045-319-6844 日本は少子高齢化などの問題により、人口の減少が問題視
続きを読む
投稿日 2023.01.1
株式会社T.G.T 住所:〒242-0016 神奈川県大和市大和南1-15-6タイセイビル1-B号室 TEL:046-206-5836 営業時間:平日 9:00~18:00 定休日:土日祝日
続きを読む
投稿日 2023.01.1
PROUD商事 会社名:株式会社Proud Partners 相模原支店:神奈川県相模原市中央区相模原2-4-1 M&M2ビル415 TEL:042-768-7876 これから外国人
続きを読む
投稿日 2023.01.1
HRS事業協同組合 住所:神奈川県横浜市磯子区磯子2-21-12 TEL:045-315-4649 「人手不足なうえに、採用した人材もすぐやめてしまう」「労務や財務への知識が乏しく、事務作業
続きを読む
投稿日 2023.01.1
ATC開発共同組合 住所:東京都武蔵野市西久保2-22-6アベリアハウスWEST TEL:0422-90-1932 近年、日本では人手不足が深刻となっています。その対策の一つとして検討されて
続きを読む
投稿日 2022.10.31
特定技能外国人の最低賃金がわからずお困り中の方はいませんか?何が基準となっているのかという点を知らなければ、想像も付かないという方が多いのではないでしょうか?本記事では、特定技能外国人の最低
続きを読む
サイト内検索

【NEW】新着情報

公益社団法人横浜市福祉事業経営者会 住所:〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー10階 TEL:045-840-5815 営業時間:平日9:00~17
続きを読む
協同組合川崎中小企業労務協会 本部事務局:〒212-0057 神奈川県川崎市幸区北加瀬1-9-1 TEL:044-588-9339 「従業員の雇用条件を整備して、もっと働きやすい会社にしたい
続きを読む
横浜医療介護福祉協同組合 住所:〒241-0825横浜市旭区中希望が丘25-1 CASA希望ヶ丘 TEL:045-489-4988 初めて外国人の雇用を検討している方の中には「申請手続きがや
続きを読む